ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線
HOME » 低価格住宅 よくある3つのギモン » 年収、いくらあれば建てられる?

年収、いくらあれば建てられる?

平均年収300万円の人が住宅ローンで家を建てることはできるのでしょうか?また、できるとしたら、どんな家か。

実際に家を建てる際に必要な資金をはじめ、お金に関する情報をQ&A方式で解説しています。

Q.年収300万円だと、住宅ローンはどれぐらい?

住宅ローンは、年収(借入時)の約6倍まで借りられると言われています。借入の目安は、年収の約5倍。

年収350万円だとしたら、350万円×5=1,750万円。これに自己負担で頭金を加えたものが、住宅を購入する上での総予算になります。

ちなみに、住宅ローンは若いうちに組むことをすすめます。なぜなら、返済期間を長くとれる&年収があがるにつれ返済もラクになるから。

金融機関の多くは、ローンの最長返済期間を35年とし、完済時の年齢上限を80歳に設定しています。つまり、45歳を過ぎると返済期間と働ける年数が短くなるのです。

それでいて年収も頭打ち、なんてことがあったとしたら…。こわいですよね?

夢のマイホームを建てたとしても、いつまでもローンのことで頭一杯の生活を送ることになるのが見えているなんて…。

Q.年収300万円で住宅ローンを組んだとしたら、どんな家が建つ?

「工夫」によっては、注文住宅で家を建てることができます。

大切なのは、「工夫とは何か」でしょう。以下に8つの「工夫」をまとめました。

  1. 親子・夫婦の共同名義で借り入れ
  2. ローン控除・贈与税などを取り入れる
  3. 地元工務店に相談
  4. 土地にこだわらない
  5. 建物のデザインはシンプルに
  6. 間口と奥行きの比率は間口1:奥行1.5
  7. 家具は既製品
  8. 外構工事でできそうなものはDIY
    ※庭の整備など

ほかにも、廊下を減らす・リビングに階段を設置・和室は作らないなどの工夫もあります。が、これらを含めるともはや注文住宅とはよべなくなるので、外しておきましょう。

このような自分でできる「工夫」や要らないものはカットする「工夫」を凝らした家、それがローコスト住宅と呼ばれています。

平均的には1,000~2,000万円程度で家が建つそう。頭金を親から援助してもらい、住宅ローンを組んで購入する若者は近年とても多くなってきるといいます。

Q.家賃とローコスト住宅はどちらがお得?

結論から言ってしまえば、ローコスト住宅のほうが断然にお得。

例えば、家賃が65,000円の物件に5年間ほど住んだとします。

敷金や礼金、保険、そして2年ごとかかる更新料なども計算すると、以下の表のようになります。

月々 72,583円
敷金(2か月分) 130,000円
礼金(2か月分) 130,000円
更新料 130,000円
仲介料(1ヶ月分) 65,000円
家賃合計 3,900,000円(65,000円×5年)

対して、800万円の土地に、27坪のローコスト住宅を建てる場合にかかる費用の概算は以下の通りになります。

月々(住宅ローン) 48,990円
土地 8,000,000円
建物 8,700,000円
消費税 690,000円
合計 17,396,000円

65,000円の家賃であれば、1~2LDKぐらいでしょうか。月々の費用をみても、部屋の大きさや数をみても、ローコスト住宅を購入したほうが、ずっとお得なのがわかるでしょう。

Q.失敗しない資金計画の立て方とは?

ローコスト住宅を建てるためには、資金計画をシミュレーションすることが大切です。特に収入と支出のバランスを考えた上で、予定通りの金額におさまるようにしておきます。

収入・支出を把握して全体の予算を計算する

加入している保険を全て見直す

今加入している保険を見直すと、本当に必要ではない保険に入っている場合があります。

保険を見直すことで、ローン返済に充てられる予算が増え、考えていたより広い土地の購入ができるかもしれません。

表を作って全体の予算を計算する

住宅を購入する際に「いくら予算をかけられるのか」を計算します。住宅ローンの返済をしながらも、毎日の生活、老後の貯蓄、子供の教育費、なども考えなければなりません。

表を利用して、そういった計算をしていくと、具体的な数字で預金残高などの推移を見ることができます。

この表があると、住宅ローンを「いくらまで借りてよいのか」「いくら貯金に回せるのか」などが把握しやすくなります。

諸費用を引いて建物・土地に回せる金額を出す

自分のマイホームを購入するには、単純に物件価格を考えがちですが、その他にも購入手続きにかかる諸費用、購入後にかかってくる固定費などが必要になります。

そのため、マイホームを購入する際に必要なお金の全体像を、しっかりと把握しておきましょう。

そして、全体の予算から諸費用を差し引いて、建物や土地に回せる金額を計算しましょう。

ローンの選び方

ローンの金利タイプ

ローンの金利のタイプは大きく分けると2種類に分かれます。

【固定金利型】

固定金利型は、返済期間を通じて金利が変わらないことが特徴です。

金利が高めなのがネックですが、返済額が完済まで増えないので、生活設計を立てやすくなります。

【変動金利型】

変動金利型は、契約当初の金利が低いのが利点ですが、金利が半年ごとに返済額は5年に1度見直されます。

これは市場金利に連動しているので、返済額も増える場合があるので、要注意です。

ローンの種類

ローンには種類は大きく分けると2種類に分かれます。

【民間ローン】

民間の銀行や保険会社などが融資をするもので、一般的な借り先と言えます。ニーズに合わせて、商品内容が細かく設定されており、相談窓口も多くあります。

【公的ローン】

国の機構や自治体などから借りる住宅ローンです。公的ローンは、金利面で有利な場合が多いことが特徴です。

返済計画

住宅ローンには収入基準があり、これは「年収に対する返済額の割合」で計算されます。

収入基準をクリアしないと融資は受けられないので、まずは「いくら借り入れが可能なのか」を計算してみましょう。

そして次に、借入金額1,000万円の場合、金利3%、返済期間35年で毎月の返済額は38,485円です。こういった方法で支払額を計算しイメージしていきます。

また、住宅ローンをの返済方法には大きく分けると2パターンに分かれます。

1つ目が、「元利均等返済」で、一定の返済額で資金計画を立てやすいが元金が大きくなっていくのがデメリット です。

2つ目に「元金均等返済」ですが、残高に利息を上乗せする方法です。利息が減っていくので、総支払額が少ないのがメリットですが、最初の返済額が大きいので、借入当初はある程度の収入が必要になります。

 

最後にボーナスの併用払いの利用は、注意が必要です。20年以上ローンを支払うのに、この20年間の間で業務や移動先によっては、ボーナスの支給額が変わる可能性があるからです。

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。