ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線
HOME » 低価格住宅 よくある3つのギモン » どうして安い値段で建てられるの?

どうして安い値段で建てられるの?

ローコスト住宅の価格でよく目にするのは1,000~1,500万円程度。最近では、1,000万円を切るばかりか、500万円台の家までありますね。

このように、低価格で建てることができるというイメージが強いローコスト住宅ですが、ローコストにはさまざまな意味が込められていることをご存知でしょうか?

ローコスト住宅の価格にはこんな秘密が!

ローコスト住宅メーカーの中には、単に価格競争をしているだけでは?と疑わずにはいられない会社もあります。そういった「安さ」に安易に飛びついてしまうと、床が傾いていたり、耐震強度が低かったりと、致命的な欠陥がある家に住むことになる恐れも…。

というのも、そもそもローコスト住宅とは、ただ単に安い家という意味ではありません。しっかりと費用をかけて建てるような家のうち、不要な部分を徹底的に削ぎ落とした「ムダがない住宅」のことを「ローコスト住宅」と呼ぶのです。

一軒の家を建てるためには建設費用のほかにも、住宅ローンやお引っ越し、設備費用などさまざまなお金がかかってくるもの。とはいえ、そこに住む人・家族にとってみれば、必要なもの・不要なものが出てきますよね。その点で、ローコスト住宅を建てるということは、とても効率的な節約なのです。

さまざまなムダを省いたローコスト住宅

例えば、家のフロアをフローリングの素材にこだわりがない場合には、使用する素材にはそのときに業者が保有しているストック材料にします。これで、材料費をコストカットすることができます。

また、住宅から凹凸部分をカットすることで、外壁に使用する材消費を節約することも。

こうした通常の住宅なら普通に使用している部分から、不要なものを差し引くことで建築にかかるコストを低くしていく住宅、それがローコスト住宅です。

そのほかにも、

  • オープンな間取りに仕上げる
    →仕切りを減らすことで、壁やドアなどを削減。
  • 水回りの設備を近くにまとめる
    →配水管が短くなることでコストカット。
  • 専任の施工業者に工事を委託
    →余分な中間マージンを削減できる。

など、さまざまなコストカット方法があるといわれています。

ローコスト住宅を建てる際に注意すること

ただし、あまりにもコストカットに夢中になるあまり、肝心の住み心地をないがしろにしてしまっては元も子もありません。

例えば、オープン空間にしても、その広さや間取り、窓の位置などを考えなく作ってしまうと、「冷暖房の効率が悪くなり、光熱費が高くついてしまった」ということも決してめずらしいことではないのです。

材料なども、耐久年数などを考えておくことが必要でしょう。

10年、20年住みつづけることをイメージして、しっかりと省けるコストを省いて住宅を建てる。このことを実現することこそが、本当のローコスト住宅といえるのです。

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。