ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線
HOME » 低価格住宅 よくある3つのギモン » 商品で選ぶ?住宅会社で選ぶ?

商品で選ぶ?住宅会社で選ぶ?

ローコスト住宅を建てるさいに、一番気をつけて起きたいことは何でしょうか?

こちらのページでは、その疑問に回答! ローコスト住宅を失敗なく建てるためのおすすめのポイントを紹介しています。

失敗しない!ローコスト住宅会社の選び方

比較的安価で家が建てられるローコスト住宅ですが、近年、さまざまなタイプのローコスト住宅が販売されていますよね。

施工・販売会社によって、建物そのものの品質の高さや耐震・免震性などに差があるのも事実。それだけでなく、購入後のアフターフォロー・サービスにも違いがあります。

一生を暮らし、また家族の安心・安全を守る家を建てる以上、建物・会社選びは慎重にすべきです。以下に、「失敗しないローコスト住宅の選び方」を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まずは住宅メーカー選びからはじめる

住宅メーカー選びでもっとも重視したいポイントは、技術面とサポート面。

技術面で見るべきポイントは以下のとおり。

  • 耐震力が強い設計・工法か
    住宅性能評価の耐震等級を参考にすると良いでしょう
  • 断熱・遮熱の工夫はされているか
    断熱材の種類どんなものを使っているかを確認しましょう
  • 長期優良住宅を満たしているか
    オプション費用ではなく、すべての家で条件をクリアしているかがカギです
    ※長期優良住宅は申請費がいるので、条件さえクリアしていればOK

また、サポート面では以下のポイント。

  • 建物に不具合が生じた際の対応
    メンテナンス保証の内容や年数をチェックしましょう。
  • 水まわりのトラブル
    会社によっては水まわりのトラブルも対応してくれます。
  • ライフサポートなどその他のサービス
    医療や介護といった生活のサポートもしてくれる会社もあります。

大手住宅メーカーと地元工務店のどっちを選ぶ?

全国で幅広く活動する大手住宅メーカーと、地域の情報に精通した地元工務店。はたしてどちらの業者にお願いすれば、失敗しないローコスト住宅を建てられるのでしょうか?

結論をいってしまえば「理想の家づくりを実現してくれそうな業者にお任せする」という身もふたもないものになってしまいます。

というのも、注文住宅においては、構造が同じ家づくりというものは存在しないからです。結局は家族のために何を重視するかということになっていきます。

しかし、それではますますどうすればいいのか? ということになってしまいます。そこで、大手住宅メーカーと地元工務店のふたつをいくつかのポイントで比較してみましょう。

ポイント1.価格

大手住宅メーカーでも積極的にコストを下げて、低価格に務めています。

しかし、地元工務店と比較すると決定的に価格が高い。それはなぜでしょうか?

じつは大手住宅メーカーの価格のなかには、家を建てるための工事費以外にも、営業費や展示場にかかる費用、駅や専門誌などに広告を掲載するための費用が含まれています。

そのため工事費が60%しかかかっていないのに、そのほか諸経費で40%あまりプラスされた価格を支払うことになるのです。

ポイント2.施工力

家を建てる大工さんたちは、大手住宅メーカーのほうが会社専用に腕の良い大工さんをそろえているだろうと思いがちです。

しかし、大手住宅メーカーであっても、実際に施工にあたる大工さんたちの多くは、地元で活躍している大工さんたちにお願いしています。

つまり、地元の工務店と同じ大工さんにお願いしているということ。したがって、施工力に関しては、地元と大手でそう差が出てくるわけではありません。

ポイント3.工期

大手住宅メーカーでは、全国のあらゆる注文住宅に対応するために、あらかじめマニュアルが用意されていることが多いといわれています。

そのマニュアルに沿ってすべての家づくりを行っていくので、極端な話でいえば3か月以内という工期で家を建てることも可能です。

とはいえ、その短い工期に無理がないか、大工さんは妥当な数を揃えられているかなどは注意したほうがよさそう。なぜなら、無理な工期で欠陥住宅が生まれた、という事例ははいて捨てるほどあるからです。

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。