ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線
HOME » ローコスト住宅でも妥協しない 高品質な家@千葉 » 住みやすさ建物の耐久性に影響を与える~土地探しの重要性~

住みやすさ建物の耐久性に影響を与える~土地探しの重要性~

希望に合った家を建てるためには

希望条件を整理しておく

まずは、土地や家に何を求めるかを整理しましょう。新しい家でどのような暮らしがしたいのかイメージを膨らませると、その土地の良いところと足りない点を見つけやすくなります。

周辺環境や立地条件から決めていく

通勤・通学しやすく、都市部へのアクセスがしやすいエリアはとても人気です。その他に、休日に家族と一緒に過ごせる公園や図書館などがあれば、さらに住みやすさはアップします。主に以下の項目をチェックして探してみましょう。家を建てたら、そこに長く住むことになります。後悔しないためにも妥協せずに希望の条件を満たしている土地かどうか調べることが大事です。都市開発が進められているエリアの場合は、今後さらに栄えるかどうかも視野に入れた上で検討すると良いでしょう。「住みやすさ」は時代や街の経済状況とともに変化するからです。

  • 最寄り駅までの距離や移動時間はどのくらいか。
  • 病院や学校などの施設の充実度や実用性。
  • 交通の利便性(バス・電車・モノレールなどの公共交通機関や車・徒歩での移動距離・時間など)
  • 街の雰囲気と治安。
  • 休日にゆっくりできる施設があるか、またそのようなエリアに近いか。

事前に注意しておきたいこと

土地探しでは、以下のことに注意しましょう。

  • 期限を決めて探す。
  • イメージしている家がその土地に建てられるかを確認する。
  • 「古家付き」や「建築条件付き」となっている場合は、別途費用の有無や条件の詳細について確認する。

古家が付いている場合は解体費用が別途必要になる可能性がありますし、建築条件付きの場合は土地売主が指定する建築会社に建築をお願いする必要があるかも知れません。「予算はこれくらい」、「このハウスメーカーと工務店にお願いしたい」など希望条件がしっかりと決まっている場合は、それに沿って進めていけるかきちんと調べましょう。

準備が整ったら業者に相談

土地探しでは、仲介業者を探す必要があります。家のプランニングや予算などが決まったら業者を探しましょう。仲介業者にはハウスメーカー、工務店、設計事務所といった種類があり、土地探しと一緒に施工会社を決めておくとイメージ通りの家を建てやすくなります。土地探しで業者を利用する際の以下のポイントを覚えておきましょう。

  • ハウスメーカーの場合は、土地探しに協力してくれる。
  • 工務店や設計事務所の場合は、不動産会社に赴く必要がある。
  • 予算・地域・希望するプランニングを予め具体的に決めてから不動産会社に行くと、
    希望条件に合った土地をスムーズに紹介してもらえる。
  • 土地探しと一緒に施工会社を見つけておく。

希望条件や注意点を把握した上で、「この土地が良い!」、「ここに住みたい!」と思える土地を見つけたら、次に相場価格との差や地盤の硬さなども調べ必要があります。信頼できる業者かどうかも事前に調べておくと安心です。

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。