ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線

健康への配慮

あこがれの我が家を建てるさいにこだわっておきたいポイントを紹介。アフターフォローや保証体制について解説していきます。

>>健康住宅を得意としているハウスメーカー・工務店はこちら

ローコストな健康住宅を建てるために気をつけておきたいこと

人の体と家の健康には密接な関係があることをご存知でしょうか?

家が不健康になれば、そこで暮らす人間の健康にも何らかの影響が出てしまいます。

家が不健康になれば、そこで暮らす人間の健康にも何らかの影響が出てしまいます。ローコスト住宅を建てるとき、予算内に費用を納めようとするあまり、安価な建材を使用するケースが多々あるそうです。

しかし、安価な建材には化学物質が含まれていることが往々にしてあります。すると徐々に、家のあちこちから化学物質が飛び散っていき、住環境を汚染していきます。

これが、シックハウス症候群といった健康を害する原因となるのです。

また、風通しを考えて設計していないことで、ダニなどの害虫が大量に発生してしまい、子どもたちにアレルギー反応が出る場合もあります。

さらに、温度が急激に下がることで空気中の水蒸気が水になることがあります。これは「結露」とよばれる現象。

冬にもっとも起きやすいといわれており、暖房器具などを使用するために窓を閉め切っていると、結露から生じた水分のせいで室内の湿度が高くなってしまいます。

このため、カビが発生しやすくなり、ひどい場合には、ぜん息を誘発してしまう原因にもなってしまうのです。

それだけでなく、部屋の中が湿度にさらされてしまうことで、家の強度が低下してしまうこともあります。

こうした結露を防ぐためには十分な換気が一番です。そして何より、住宅を建てる前にしっかりとした風通しを考えた設計、そして換気機能の搭載などの準備が必要となります。

住宅の健康対策は、そこに住む人間が元々もっている健康状態や家を取り巻く環境などによっても大きく変わってくるものです。

ですので、家を建てる前には、ハウスメーカーに相談し、シックハウスやハウスダスト、結露などから家と家族を守るよう心がけていきましょう。

健康に配慮した住まいを建ててくれるハウスメーカー

おゆみ野住宅

おゆみ野住宅公式サイト
おゆみ野住宅公式HPより
http://www.oyumino.co.jp/

結露対策をしっかりと行ってくれるハウスメーカー。

透湿性の高いハイベストウッドという建材を使用し、余分な湿気を部屋の中から排出してくれる工夫を凝らしてくれます。

家の強度・カビ防止にはうってつけの建材です。

※ハイベストウッドとは…
木質系でありながら業界ナンバーワンの透湿抵抗値(2.0)を実現した建材。結露だけでなく、住宅の劣化なども防ぎます。

アイダ設計

アイダ設計公式サイト
アイダ設計公式HPより
http://www.aidagroup.co.jp/

24時間、戸内の圧力差を利用して室内の空気を換気するシステム・ノンダクト方式を採用。

一年中、新鮮な空気を取り入れ、快適な暮らしをサポートしてくれます。

1年に1度のフィルター交換が必要ですが、メンテナンスは超手軽なのもおすすめポイントです。

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。