ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線

ゆとりの間取り

あこがれの我が家を建てるさいにこだわっておきたいポイントを紹介。こちらのページでは、広い間取りのローコスト住宅を建てるための情報を掲載しています。

>>自由設計に定評のあるハウスメーカー・工務店はこちら

広い間取りのローコスト住宅を実現するための工夫

「せっかく家を建てるんだから、広い間取りの家に住みたい!」と考える方が多いのは当然のことです。しかし実際には、土地や建物の仕様などによって、それらの思いが叶えられないこともあります。そこで、毎日の生活を広い間取りの家で過ごすためにはさまざまな工夫が必要不可欠になってくるのです。

それでは、間取りを考えていくうえでのさまざまなポイントをいくつかご紹介していきましょう。

部屋に広がりを与えることができるベランダ

家族が集まるリビングなどにベランダやデッキをつなげることで、同じ部屋でも広がりを感じられるようになります。おまけに、ベランダでは食事を楽しんだり、子どもたちが遊ぶためのスペースになったりと、さまざまな活用法があるのも大きな特長です。

大きい窓を加えることで広がりのある間取りに

同じくリビングなどに大きな窓をつけてあげることで、開放感のある空間を作ることができます。壁や天井などに取り付けても高い効果を上げることができるので、ぜひ試してみたいところです。ただし、大きな窓はそれだけ価格が高くなってしまいがちです。よく予算と相談して、防犯やプライベートの保持対策などもいっしょに行っておくといいでしょう。

廊下を少なくすればスッキリとした間取りに

各部屋への連絡などで使用する廊下。じつは廊下を少なくすることで間取りをスッキリとさせることができます。ただし、だからといってゼロにしてしまうと動線などに影響が出てしまうので注意が必要です、どうしても廊下を外せない場合には、部屋の延長として使用できる廊下を配置したり、書棚やギャラリーとして活用することでも、間取りを広く演出することができます。

地下室を作ることで収納スペースを確保

土地の関係で収納スペースを確保できないといった場合には、地下室をつくることをおすすめします。天井の高さが1,4メートル以下の地下室であれば床面積に含まれません。風通しなどを気をつけて設計することで寝室としても仕様することができます。ただし、そのぶんコストがかかってしまうので注意が必要です。

いかがでしたか? 広い間取りの家をつくるための工夫やポイントはまだまだたくさんあります。ぜひ、ハウスメーカーや工務店などと相談して、より快適な家づくりを目指していください。

広い間取りの住まいを建ててくれるハウスメーカー

千葉県エリアで広い間取りのローコスト住宅を手がけてくれるハウスメーカーの特徴とその施工事例を紹介しています。

デザインハウス印西

リビングや吹き抜けなどから太陽の光を取り入れることで、部屋全体が広くなる工夫などを行ってくれます。また、広いベランダを取りつけることで、さらに間取りを広く演出することができます。

デザインハウス印西の広い間取りの住宅1デザインハウス印西の広い間取りの住宅2デザインハウス印西の広い間取りの住宅3
デザインハウス印西公式HP
http://www.akiba-sekkei.com/e12.html

桧家住宅

子どもの成長は早いものです。そこで、小さいうちは遊び場として使用でき、都市を経るごとにプライベートな部屋に変わる間取りを使用することで空間を有効に使うことができます。

桧家住宅の広い間取りの住宅1桧家住宅の広い間取りの住宅2桧家住宅の広い間取りの住宅3
桧家住宅公式HP
http://www.hinokiya.jp/idea/

おゆみ野住宅

洋室と和室をつなげることで、約20畳もの広い空間をつくっています。キッチンからも各部屋を見ることができ、いつも自然に家族を実感できる間取りに仕上がりました。

おゆみ野住宅の広い間取りの住宅1おゆみ野住宅の広い間取りの住宅2おゆみ野住宅の広い間取りの住宅3
おゆみ野住宅公式HP
http://www.oyumino.co.jp/construction/002.html

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。