ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線
HOME » 【特集】ご注意!失敗しないローコスト住宅の見極め方 » 千葉で人気のローコスト住宅の資金計画のポイントを紹介!

千葉で人気のローコスト住宅の資金計画のポイントを紹介!

簡単な構造と大量生産でコストを抑えたローコスト住宅

ローコスト住宅とは、コスト削減に徹底的にこだわった低価格住宅のことです。なぜそんなことができるのかというと、そのポイントは住宅の規格化と大量生産にあります。

住宅をユニットやパーツごとに分けて工場で生産し、現場で組み立てるだけの状態にして人件費を削減。そのユニットやパーツも、さまざまな家に流用できるように規格化して大量生産。さらに建材も大量に仕入れて単価を下げる、といった企業努力でローコストを実現しています。

なかでも一番コストがかからないのが、直方体のような凹凸のない構造の家です。凹凸があるとその分だけ壁が多くなり、価格が上がります。手間もかかるため、工期も長くなります。

基本構造がシンプルなので、カスタマイズしやすい

ローコスト住宅といえば規格化されたシンプルな家と考えがちですが、カスタマイズにも対応できます。構造がシンプルだからこそ、後から追加オーダーしやすいというメリットもあります。

見方を変えると、基本構造をシンプルにしてコストを抑えているので、その分、こだわりたい部分にお金がかけられるということ。

ローコスト住宅を建てる場合、まず自分がこだわりたいのはどんな部分なのか、はっきりさせておくことが大切です。

千葉のローコスト住宅でこだわるべきポイントと資金計画

快適に過ごせる家を作るために大切なのは、断熱性だといわれています。壁や窓がしっかり断熱できていないと冷暖房費がかかり、長期的なランニングコストもかさんでしまうからです。

ローコスト住宅でも、もちろん壁の断熱はされています。豪雪地帯では、規格化されたローコスト住宅の断熱壁など、あまり役に立たないかもしれません。しかし千葉の気候ならば、それほど暑くも寒くもないので、特別な断熱壁にしなくても十分といえるでしょう。

資金計画としては、外壁の断熱や気密性にお金をかけるよりも、別のこだわりポイントに予算を振ったほうが得策です。

窓を大きくとりたいなら予算をかけることを考える 

住宅を作るとき、「光が降り注ぐ大きな窓を作りたい」「窓をたくさん作って風が通る家にしたい」といった希望を抱く人も多いでしょう。しかしローコスト住宅の場合は、よく考えないと思わぬ失敗を招くことがあります。

窓は壁に比べると断熱効果が低いため、窓部分が多くなればなるほど光熱費がかさみます。光熱費は家に住んでいる限り必要なので、長い目で考えるとばかになりません。

窓を大きくしたければ、複層ガラスや二重窓などを採用するといった予算の割り振りも視野に入れておきましょう。

家具を置くことを考えてコンセントの位置を決める

ローコスト住宅は、補修の際にも規格品が使えるので、リフォームしやすいことも特徴の一つです。ただ、間取りを変えるような大規模なリフォームでは、一般の住宅と同じように費用がかさんでしまいます。

ということは、ローコスト住宅建築を考えるなら、リフォームしにくい間取りの部分にこだわるべきでしょう。ポイントの一つはコンセントの位置です。

電気の配線は、後で変更しようと思うと意外なほどお金がかかります。なぜなら、配線は壁の後ろを通っているため、場合によっては壁を壊さなければならないから。建築時に、将来的なことまで考えて電気工事を行うのが、一番安上がりなのです。

「部屋に家具を入れてみたら、コンセントが隠れてしまって使えない」とならないよう、部屋に置く予定の家具や生活習慣まで考えて、コンセントの位置を決めましょう。

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。