ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線

表示されている価格は総額?

広告などでよく目にするとんでもない低価格のローコスト住宅(ここでは、超ローコスト住宅とよびます)。そんな超ローコスト住宅の実態と、坪単価の秘密を紹介しています。

超ローコスト住宅の実態と坪単価の実際

表示価格の安さで家を選ぶと、後になって高くつくことも…。住宅を建てる上で、どんな費用がかかるのかを把握することで、こうした悲劇は防ぐことができます。

たとえば、坪単価が30万円・40坪の広さで1,200万円のローコスト住宅を見かけたとします。

表示されている価格は総額?

本当にこんな価格で40坪の広さの家を建てられたら、夢のような出来事でしょう。むろん、残念ながらこの手の広告の家は、たいてい夢で終わります。

坪単価30万円のはずが、実際に契約にいたるまでに、少しずつ上昇。しまいには、50万円ほどで着地することが普通です。結局、家の値段は300万円ほどアップした1,500万円ほどに…。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

答えは簡単、商品を安くアピールするため。実は、住宅の広告表示に一定の決まりは存在していません。そのため、住宅メーカーの書きたいように掲載することができるといっても過言ではありません。

また、住宅メーカーが提示している価格はあくまでも家単体の価格であるのことが多く、したがって、そのほかの外回りの設備や確認申請、照明器具などのお金は含まれていないことも多いのです。

先ほどの1,500万円ほどの住宅に、さらにこれらの費用を加えた場合、平均で400万円ほどのお金が必要になってきます。

モデルハウスなどに足を運ぶ際には、自分の可能な予算をしっかりと担当者に伝え、総額でどのくらいの金額なのかをしっかりとヒアリングしましょう。

坪単価は当てにはならない?

住宅メーカーに物件の坪単価を質問する方は多いですよね。とはいえ、坪単価というのは本当にアテになるのでしょうか?

住宅の広告に掲載されている価格は、ある程度住宅メーカーの好きなように載せることができるため、坪単価も住宅メーカーのさじ加減ひとつで決定してしまうのが現実のようです。

一般的に坪単価とは、1坪(二畳分ほど)にあたる建築費のこと。この数値は、本体価格を延床面積で割ることで算出されます。

ここで要注意。本体価格もまた、いろいろな費用を引いたうえで表示されている価格です。それでは、坪単価の正確性や信頼性は本当にアテになるものとはいえませんね。

理想の住宅を建てるためには、根拠のない坪単価や広告での表示価格はあまり参考にせず、自分の希望を遠慮なく住宅メーカーに相談してみることを強くおすすめします。

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。