ただ安いだけじゃない!千葉の上質なローコスト住宅カタログ
破線
HOME » 【特集】ご注意!失敗しないローコスト住宅の見極め方

【特集】ご注意!失敗しないローコスト住宅の見極め方

今まで手の届かなかったマイホームがお手頃価格で手に入るローコスト住宅。

しかし、建て方を失敗してしまうと、予想外に費用が大きくなってしまったり、想像していた家とはかけ離れた質感や内容の家になってしまいます。

それだけではなく、将来的に家族の健康、安全まで脅かしてしまうことにもなりかねません。

そもそも、ローコスト住宅とは、ムダなものを徹底的に省いていき、家族にとって必要なものだけを凝縮した洗練された家のこと。そのため、安易に目先の安さに飛びつくのは、キケンです。

そこで、品質と価格のバランス(コスパ)が最適なローコスト住宅を建てるために必要な情報をまとめました。家づくりの参考にしてみてください。

表示されている価格は総額?

ローコスト住宅というと、やはり目につきやすいのがその価格。

世に出回っている住宅広告を見てみると、信じられないほどの安さのローコスト住宅が存在しています。

しかし、これらの価格を鵜呑みにしてしまうと、予想以上の価格になっていたり、場合によっては欠陥住宅が建てられたり…と後でとんでもない目にあうことも…。

>>超ローコスト住宅の落とし穴とは?坪単価の実際も含めた必要情報>>

その家、何年住めますか?

職人さんやスタッフさんたちの知恵と経験が凝縮したものが、質の高いローコスト住宅です。

そんな家は何十年住もうが、少しのメンテナンスだけで快適な暮らしを約束してくるものです。

反対に、10年ほど経って耐久性に問題が出てくるようであれば、残念ながらあまり褒められない家と言えます。

そこで、家の耐久性を向上させるための情報を集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

>>質の低いローコスト住宅の問題点・「耐久性」を高くするため知っておくべき基礎知識>>

本当のローコスト住宅を建てるための5箇条

「ローコスト住宅をさらに安く!さらに高品質に!」

そんな贅沢な願いを叶えるための情報を大特集。ローコスト住宅は、設計段階からの工夫次第でより低価格×高品質なものに仕上げることができます。

しかし、そのため事前に勉強をしておく必要があります。とはいえ、そんなに難しいものでもありません。

>>質の高いローコスト住宅を建てるための5つの注意点>>

本サイトは個人が収集をした情報をもとに構成しています。
最新の情報を知りたい方は各公式サイトでご覧ください。